ひふみ神示

ひふみ神示 上つ巻 第三十六、第三十七、第三十八帖

ひふみ神示より 【 第三十六帖 元の神代に返すといふのは、たとへでないぞ。 穴の中に住まなならんこと出来るぞ、生の物食うて暮さなならんし、臣民取り違ひばかりしてゐるぞ、何もかも一旦は天地へお引き上げぞ、われの慾ばかり言ってゐると大変が出来るぞ…

ひふみ神示 上つ巻 第三十三、第三十四、三十五帖

ひふみ神示より 【 第三十三帖 神の用意は済んでゐるのざから、民の用意早うして呉れよ、用意して早う祀りて呉れよ。 富士は晴れたり日本晴れと申すこと、だんだん分かりて来るぞ、神の名のついた石あるぞ、その石、役員に分けてそれぞれに守護の神つけるぞ…

ひふみ神示 上つ巻 第三十二帖

ひふみ神示より 【 第三十二帖 世の元からヒツグとミツグとあるぞ ヒツグは”〇の中にゝ”の系統ぞ、ミツグは〇の系統ぞ。 ヒツグはまことの神の臣民ぞ、ミツグは外国の民ぞ。 ”〇の中にゝ”と〇結びて一二三(ヒフミ)となるのざから、 外国人も神の子ざから外国…

ひふみ神示 上つ巻 第二十九、三十、三十一帖

ひふみ神示より 【 第二十九帖 この世が元の神の世になると云ふことは、何んなかみにも分って居れど、何うしたら元の世になるかといふこと分らんぞ、かみにも分らんこと人にはなほ分らんのに、自分が何でもする様に思ふてゐるが、サッパリ取り違ひぞ。 やっ…

ひふみ神示 上つ巻 第二十八帖

ひふみ神示より 「 世界中まるめて神の一つの詞(王)で治めるのぞ。それが神のやり方ぞ、 百姓は百姓、鍛冶は鍛冶と、今度はとことはに定まるのぞ、 身魂の因縁によりて今度はハッキリと定まって動かん神の世とするのぞ、 茄子の種には瓜はならんぞ、茄子の…

ひふみ神示 上つ巻 第二十七帖

ひふみ神示より 「 何もかも世の元から仕組みてあるから神の申すところへ行けよ。 元の仕組は富士(二二)ぞ、次の仕組はウシトラ三十里四里、次の仕組の山に行きて聞いて呉れよ、 今は分かるまいが、やがて結構なことになるのざから、行きて神祀りて聞いて…

ひふみ神示 上つ巻 第二十六帖

ひふみ神示より 【 「あ」の身魂とは天地のまことの一つの掛替ない身魂ぞ。 「や」とはその左の身魂 「わ」とは右の身魂ぞ、 「や」には替へ身魂㋳あるぞ。「わ」には替へ身魂㋻あるぞ。(〇の中はひらがな) 「あ」も「や」も「わ」も㋳も㋻も一つのものぞ…

ひふみ神示 上つ巻 第二十五帖

ひふみ神示より 「 一日に十万、人死にだしたら神の世がいよいよ近づいたのざから、よく世界のことを見てみなに知らして呉れよ。 この神は世界中のみか天地のことを委(まか)されてゐる神の一柱ざから、小さいこと言ふのではないぞ、小さいことも何でもせな…

ひふみ神示 上つ巻 第二十二帖、第二十三帖、第二十四帖

ひふみ神示より 「 第二十二帖 いよいよとなれば、外国が強いと見れば、外国へつく臣民沢山できるぞ。 そんな臣民一人もいらぬ、早うまことの者ばかりで神の国を堅めて呉れよ。 六月二十の八日、一二のか三. 第二十三帖 神なぞ何うでもよいから、早く楽にし…

ひふみ神示 上つ巻 第二十一帖

ひふみ神示より 「 世の元の大神(かみ)の仕組といふものは、神々にも分からん仕組であるぞ、この仕組分かりてはならず分からねばならず、なかなかに六ヶ敷仕組であるぞ、知らしてやりたいなれど、知らしてならん仕組ぞ。 外国がいくら攻めて来るとも、世界…

ひふみ神示 上つ巻 第二十帖

ひふみ神示より 「上つ巻 第二十帖 神がこの世にあるならば、こんな乱れた世にはせぬ筈ぞと申す者沢山あるが、神には人のいふ善も悪もないのぞ。よく心に考へて見よ、何もかも分かりて来るぞ。 表の裏は裏、裏の表は表ぞと申してあろうが、一枚の紙にも裏表…

ひふみ神示 上つ巻 第十九帖

ブログの整理もだいぶ進んだので、久しぶりにひふみ神示をメモします。 ひふみ神示より 「第一巻上つ巻 第十九帖 神の国〇(中にゝ)の山に〇(中にゝ9祭りて呉れよ、祭るとは神にまつらふことぞ、土にまつらふことぞ。人にまつらふことぞ、祭り祭りて嬉し…

ひふみ神示 第一巻上つ巻 第十八帖

ひふみ神示より 【 第十八帖 岩戸開く役と岩戸しめる役とあるぞ。 一旦世界は言ふに言はれんことが出来るぞ。 シッカリ身魂みがいて置いて呉れよ。身魂みがき第一ぞ。 この道開けて来ると、世の中のえらい人が出て来るから、どんなえらい人でも分からん神の…

ひふみ神示 第一巻 上つ巻 第十七帖

ひふみ神示より 【 第十七帖 この世はみな神のものざから臣民のものと云ふもの一つもないぞ、 お土からとれた物、みな先づ神に供へよ、それを頂いて身魂を養ふ様になってゐるのに、神には献げずに、臣民ばかり喰べるから、いくら喰べても身魂ふとらぬのぞ、…

ひふみ神示 第一巻 上つ巻 第十六帖

ひふみ神示より 【 第十六帖 ひふみの火水とは結ぞ、中心の神、表面に世に満つことぞ、ひらき睦び、中心に火集ひ、ひらく水。 神の名二つ、カミと神世に出づ。 早く鳴り成り、世、新しき世と、国々の新しき世と栄へ結び、成り展く秋来る。 弥栄に神、世にみ…

ひふみ神示 第一巻 上つ巻 第十五帖

ひふみ神示より 【 第十五帖 今度は末代動かぬ世にするのざから、今までの様は宗教や教えの集団(つどい)にしてはならんぞ、人を集めるばかりが能ではないぞ、人を集めねばならず、六ヶ敷い道(おしえ)ぞ。 縁ある人は早く集めて呉れよ。 縁なき人いくら集…

ひふみ神示 第一巻 上つ巻 第十四帖

ひふみ神示より 【 第十四帖 この神示(ふで)よく読みて呉れよ、読めば読むほど何もかも分かりて来るぞ、 心とは神民の申す心ではないぞ 身魂とは神民の申す身魂ではないぞ 身魂とは身と魂と一つになってゐるものゐふぞ、 神の神民 身と魂のわけ隔てないぞ …

ひふみ神示 第一巻 上つ巻 第十三帖

ひふみ神示より 【 第十三帖 元の人三人、その下に七人、その下に七七・四十九人、合して五十九の身魂あれば、この仕組は成就するのざ、この五十九の身魂は神が守ってゐるから、世の元の神かかりて大手柄をさすから、神の申すやう何事も、身魂みがいて呉れよ…

ひふみ神示 第一巻 上つ巻 第十帖 ~十二帖

ひふみ神示より 【 第十帖 神の目を向ければ神がうつり、神に耳向ければ神がきこえ、神に心向ければ心にうつる、掃除の程度によりて神のうつりかた違うぞ。 掃除出来た方から神の姿うつるぞ、それだけにうつるぞ。 六月十九日、ひつくのか三。 第十一帖 いづ…

ひふみ神示 第一巻 上つ巻 第六帖~第九帖

ひふみ神示より 【 第六帖 外国の飛行機が来るとさわいでゐるが、まだまだ花道ぞ、九、十となりたらボツボツはっきりするぞ。 臣民は目のさきばかりより見えんから、可哀そうなから気をつけてゐるのに何してゐるのか。大切なことを忘れてゐるのに気がつかん…

ひふみ神示 第一巻 上つ巻 第五帖

「ひふみ神示」より 第五帖 【 富士とは神の山のことぞ。神の山はみな富士(二二)といふのぞ。 見晴らし台とは身を張らすことぞ。 身を張らすとは、身のなかを神にて張ることぞ。 臣民の身の中に一杯に神の力を張らすことぞ。大庭の富士を探してみよ、神の…

ひふみ神示 第一巻 上つ巻 第四帖

【 急ぐなれど、臣民なかなかに言ふこときかぬから、言ふこときかねば、きく様にしてきかす。 神にはなにもかも出来てゐるが、臣民まだ眼覚めぬか、金(カネ)のいらぬ楽の世になるぞ。早く神祀りて呉れよ。神祀らねば何も出来ぬぞ。 表の裏は裏、裏がある世ぞ…

ひふみ神示 第一巻上つ巻 第三帖

【 善事は神、なにも上下ひっくり返ってゐるから、分からんから神の心になれば、何事も分かるから、鏡を掃除して呉れよ。 今にこのおつげが一二三(ヒフミ)ばかりになるから、それまでに身魂を磨いておかんと、身魂の曇った人には何ともよめんから、早く神…

ひふみ神示 上つ巻 第二帖

ひふみ神示 より引用 【 親と子であるから、臣民は可愛いから旅の苦をさしてあるのに、苦に負けてよくもここまでおちぶれて仕まうたな。 鼠でも三日先のことを知るのに、臣民は一寸先さへ分からぬほどに、よう曇りなされたな、それでも神の国の臣民、天道人…

ひふみ神示 第一巻 上つ巻 より始めましょう

【 ひふみ神示 第一巻 自 昭和十九年 六月十日 自 昭和十九年七月九日 上つ巻 (全四二帖)より 第一帖 二二は晴れたり、日本晴れ。神の国のあことの神の力をあらはす代となれる。 仏もキリストも何も彼も、はつきり助けて七六かしい御苦労のない代がくるか…

あけましておめでとうございます

平成30年正月から、またあらたにブログを作っちゃいました。 こちら方では岡本天明氏の「ひふみ神示」を読みながら、気になったことをメモしようと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。 「ひふみ神示」とは、日月神事の原文(殆どが漢数字、かな文…