ひふみ神示 地つ巻 第一帖~第七帖

ひふみ神示より

地(九二)つ巻
 第一帖

地(くに)つ巻書き知らすぞ、世界は一つの実言(みこと)となるのぞ、それぞれの言の葉あれど、実言(みこと)は一つとなるのであるぞ。
てん詞様の実言に従ふのざぞ、命(みこと)の世近づいて来たぞ。

      九月十五日、一二〇(ゝ)。


  第二帖

 今は闇の世であるから世の明けたこと申しても、誰にも分らんなれど、夜が明けたらなる程さうでありたかとビックリするなれど、それでは間に合わんのざぞ、それまでに心改めておいて下されよ、この道信ずれば、すぐによくなると思うてゐる臣民もあるなれど、それは己の心のままぞ、道に外れたものは誰彼ないのざぞ、これまでのやり方スクリと変えねば世は治まらんぞと申してあるが、上の人苦しくなるぞ、途中の人も苦しくなるぞ、お〇(かみ)のいふこときかん世になるぞ。

         九月の十六日、ひつ九のか三。


  第三帖

 人民同士の戦では到底かなはんなれど、いよいよとなりたら神がうつりて手柄さすのであるから、それまでに身魂みがいておいて呉れよ。
世界中が攻め寄せたと申しても、誠には勝てんのであるぞ、誠ほど結構なものないから、誠が神風であるから、臣民に誠なくなりてゐると、何んな気の毒出来るか分からんから、くどう気つけておくのざぞ、腹掃除せよ。

       九月十六日、ひつ九のか三。


  第四帖

 この神示いくらでも出て来るのざぞ、今の事と先の事と、三千世界、何も彼も分かるのざから、よく読みて腹に入れておいて呉れよ、この神示盗まれぬ様になされよ、神示とりに来る人あるから気つけて置くぞ。
この道は中行く道ぞ、左も右りも偏ってはならんぞ、いつも心にてんし様拝み手おれば、何もかも楽にゆける様になりてゐるのざぞ、我れが我がと思うてゐると、鼻ポキリと折れるぞ。
       九月十六日、ひつくのか三。


  第五帖

 片輪車でトンテントンテン、骨折損の草臥儲けばかり、いつまでしてゐるのぞ、神にまつろへと申してあろうがな、臣民の智恵で何出来たか、早う改心せよ。

      九月十六日、ひつ九のか三。


  第六帖

 神の国八つ裂きと申してあることいよいよ近づいたぞ、八つの国一つになりて神の国に攻めて来るぞ。
目さめたらその日の生命(いのち)おあづかりしたのざぞ、神の肉体、神の生命大切せよ。
神の国は神の力でないと治ったことないぞ。神第一ぞ、いつまで仏や基(キリスト)や色々なものにこだはってゐるのぞ。
出雲の神様大切にありがたくお祀りせよ、尊い神様ぞ。天つ神、国つ神みなの神々様に御礼申せよ、まつろひて下されよ、結構な恐い世となりて来たぞ、上下くれんぞ。

      九月十七日、一二の〇(ゝ)。


   第七帖

 神にまつらふ者には生も死もないのぞ、死の事、まかると申してあろうがな、生き通しぞ、なきがらは臣民残さなならんのざが、臣民でも昔は残さないで死(まか)ったのであるぞ、それがまことの神国の臣民ぞ、みことぞ。
世の元と申すものは天も地も泥の海でありたのざぞ。その時からこの世初まってから生き通しの神神様の御働きで五六七(みろく)の世が来るのざぞ。
腹が出来て居ると、腹に神づまりますのざぞ、高天原ぞ、神漏岐、神漏美の命(みこと)忘れるでないぞ。そこから分かりて来るぞ。
海をみな船で埋めねばならんぞ、海断たれて苦しまん様にして呉れよ、海めぐらしてある神の国、きよめにきよめておいた神の国に、幽国の悪わたりて来て神は残念ぞ。みておざれ、神の力表はす時来たぞ。
      九月十八日、ひつ九〇(ゝ)。