ひふみ神示 地つ巻 第十一帖~第十四帖

      ひふみ神示より

 

    地つ巻 第十一帖


  世界丸めて一つの国にするぞと申してあるが、国はそれぞれの色の違う臣民によりて一つ一つの国作らすぞ。その心々によりて、それぞれの教作らすのぞ。

 旧きものまかりて、また新しくなるのぞ、その心々の国と申すは、心々の国であるぞ、一つの王で治めるのざぞ。天つ日嗣の実子様が世界中照らすのぞ。

 国のひつきの御役も大切の御役ぞ。道とは三つの三つが一つになることぞ、みちみつことぞ、もとの昔に返すのざぞ、つくりかための終わりの仕組ぞ、終は始ぞ、始は霊(ひ)ぞ、富士都となるのざぞ、幽界(がいこく)行きは外国行きぞ。

 神の国光りて目あけて見れんことになるのざぞ、臣民の身体からも光が出るのざぞ、その光によりてその御役位、分かるのざからみろくの世となりたら何もかもハッキリしてうれしうれしの世となるのぞ、今の文明なくなるのでないぞ、たま入れていよいよ光りて来るのぞ、手握りて草木も四つあしもみな唄ふこととなるのぞ、み光にみな集まりてくるのざぞ、てんし様の御光は神の光であるのざぞ。
   

                 九月二十日と一日、十二か三。

 

(超古代の帝が天船に乗って世界を御巡幸されていたという古文書もありましたね。五色の色の国にそれぞれ皇子様を派遣して治めさせていたとか?五色人のお面は幣立神宮で見たことがあります。)

 

 

第十二帖

この道は道なき道ざぞ。天理も金光も黒住も今はたましひぬけて居れど、この道入れて生きかへるのぞ、日蓮親鸞も耶蘇も何もかもみな脱け殻ぞ、この道でたま入れて呉れよ、この道はゝぞ、〇の中にゝ入れて呉れと申してあろうが。
 臣民も世界中の臣民も国々もみな同じことぞ、ゝ入れて呉れよ、〇を掃除して居らぬとゝははいらんぞ、今度の戦は〇の掃除ぞと申してあらうがな、まつりとは調和(まつり)合わすことと申してあろうがな、この道は教でないと云ふてあらうが、教会やほかの集ひでないと申してあらうがな、人集めて呉れるなと申してあろうがな。世界の臣民みな信者と申してあらうが、この道は道なき道、時なき道ぞ、光ぞ。
 この道でみな生き返るのざぞ。天明阿房になりて呉れよ、我すてて呉れよ、神かかるのに苦しいぞ。

    九月二十三日、十二〇(中にゝ)。


(〇はミ、ゝはキ 身と氣の意味と書かれていることがあります。)

 

    第十三帖

 

 赤い眼鏡かければ赤く見えると思うてゐるが、それは相手が白いときばかりぞ、青いものは紫にうつるぞ。
 今の世は色とりどり眼鏡とりとりざから見当とれんことになるのざぞ、眼鏡はづすに限るのぞ、眼鏡はづすとは洗濯することざぞ、上ばかりよくてもならず、下ばかりよくてもならんのぞ。
 上も下も天地そろうてよくなりて世界中の臣民、けものまで安心して暮らせる新(あら)の世に致すのざぞ、取り違へするなよ。

    九月二十三日、十二〇(中にゝ)。


  

   第十四帖

この道分かりた人から一柱でも早う出てまゐりて神の御用なされよ。
どこに居りても御用はいくらでもあるのざぞ。神の御用と申して稲荷下げや狐つきの真似はさせんぞよ。
 この道はきびしき行(みち)ざから楽な道なのぞ。上にも下(しも)にも花さく世になるのざぞ、後悔は要らぬのざぞ。蛙いくら鳴いたとて夜明けんぞ。赤児になれよ、ごもく捨てよ、その日その時から顔まで変わるのざぞ、神烈しく結構な世となりたぞ。
     

    九月二十三日、ひつくのか三。

 

 

 

地つ巻 第八帖~十帖

   ひふみ神示より

 

  地つ巻 第八帖

 

 祓ひせよと申してあることは何もかも借銭なしにする事ぞ。借銭なしとは めぐりなくすることぞ、昔からの借銭は誰にもあるのざぞ、それはらってしまふまでは誰によらず苦しむのぞ、人ばかりでないぞ、家ばかりでないぞ、国には国の借銭あるぞ。世界中借銭なし、何うしても大望であるぞ。今度の世界中の戦は世界の借銭なしぞ、世界の大祓ひぞ、神主お祓ひの祝詞あげても何にもならんぞ、お祓ひ祝詞は宣るのぞ、今の神主宣ってないぞ、口先きばかりぞ、祝詞も抜けてゐるぞ。あなはち、しきまきや、くにつ罪みな抜けて読んでゐるではないか、臣民の心にはきたなく映るであろうが、それは心の鏡くもってゐるからぞ。悪や学にだまされて肝心の祝詞まで骨抜きにしてゐるでないか、これでは世界はきよまらんぞ。祝詞はよむものではないぞ、神前で読めばそれでよいと思うてゐるが、それ丈では何にもならんぞ。宣(の)るのざぞ、いのるのざぞ、なりきるのざぞ、とけきるのざぞ、神主ばかりでないぞ、皆心得ておけよ、神の事は神主に、仏のことは坊主にと申してゐること根本の大間違ひぞ。
           

           九月十九日、ひつ九〇(〇の中にゝ)。

 

   地つ巻 第九帖

 ひつくの神にひと時拝せよ、神のめぐみ身にも受けよ、からだ甦るぞ、神の光を着よ、み光をいただけよ、食べよ、神ほど結構なものないぞ、今の臣民日を」いただかぬから病になるのざぞ、神の子は日の子と申してあらうがな。

 

    九月二十日、ひつ九のか三。

 


   地つ巻 第十帖

 

 何事も方便と申して自分勝手なことばかり申してゐるが、方便と申すもの神の国には無いのざぞ。まことがことぞ、まの事ぞ、ことだまぞ。これまでは方便と申して逃げられたが、も早逃げること出来ないぞ、方便の人々早う心洗ひて呉れよ、方便の世は済みたのざぞ、いまでも仏の世と思うてゐるとびつくりがでるぞ、神の国、元の神がスッカリ現はれて富士の高嶺から天地(あめつち)へのりとするぞ、岩戸しめる御役になるなよ。

        九月の二十日、ひつ九のか三。

ひふみ神示 地つ巻 第一帖~第七帖

ひふみ神示より

地(九二)つ巻
 第一帖

地(くに)つ巻書き知らすぞ、世界は一つの実言(みこと)となるのぞ、それぞれの言の葉あれど、実言(みこと)は一つとなるのであるぞ。
てん詞様の実言に従ふのざぞ、命(みこと)の世近づいて来たぞ。

      九月十五日、一二〇(ゝ)。


  第二帖

 今は闇の世であるから世の明けたこと申しても、誰にも分らんなれど、夜が明けたらなる程さうでありたかとビックリするなれど、それでは間に合わんのざぞ、それまでに心改めておいて下されよ、この道信ずれば、すぐによくなると思うてゐる臣民もあるなれど、それは己の心のままぞ、道に外れたものは誰彼ないのざぞ、これまでのやり方スクリと変えねば世は治まらんぞと申してあるが、上の人苦しくなるぞ、途中の人も苦しくなるぞ、お〇(かみ)のいふこときかん世になるぞ。

         九月の十六日、ひつ九のか三。


  第三帖

 人民同士の戦では到底かなはんなれど、いよいよとなりたら神がうつりて手柄さすのであるから、それまでに身魂みがいておいて呉れよ。
世界中が攻め寄せたと申しても、誠には勝てんのであるぞ、誠ほど結構なものないから、誠が神風であるから、臣民に誠なくなりてゐると、何んな気の毒出来るか分からんから、くどう気つけておくのざぞ、腹掃除せよ。

       九月十六日、ひつ九のか三。


  第四帖

 この神示いくらでも出て来るのざぞ、今の事と先の事と、三千世界、何も彼も分かるのざから、よく読みて腹に入れておいて呉れよ、この神示盗まれぬ様になされよ、神示とりに来る人あるから気つけて置くぞ。
この道は中行く道ぞ、左も右りも偏ってはならんぞ、いつも心にてんし様拝み手おれば、何もかも楽にゆける様になりてゐるのざぞ、我れが我がと思うてゐると、鼻ポキリと折れるぞ。
       九月十六日、ひつくのか三。


  第五帖

 片輪車でトンテントンテン、骨折損の草臥儲けばかり、いつまでしてゐるのぞ、神にまつろへと申してあろうがな、臣民の智恵で何出来たか、早う改心せよ。

      九月十六日、ひつ九のか三。


  第六帖

 神の国八つ裂きと申してあることいよいよ近づいたぞ、八つの国一つになりて神の国に攻めて来るぞ。
目さめたらその日の生命(いのち)おあづかりしたのざぞ、神の肉体、神の生命大切せよ。
神の国は神の力でないと治ったことないぞ。神第一ぞ、いつまで仏や基(キリスト)や色々なものにこだはってゐるのぞ。
出雲の神様大切にありがたくお祀りせよ、尊い神様ぞ。天つ神、国つ神みなの神々様に御礼申せよ、まつろひて下されよ、結構な恐い世となりて来たぞ、上下くれんぞ。

      九月十七日、一二の〇(ゝ)。


   第七帖

 神にまつらふ者には生も死もないのぞ、死の事、まかると申してあろうがな、生き通しぞ、なきがらは臣民残さなならんのざが、臣民でも昔は残さないで死(まか)ったのであるぞ、それがまことの神国の臣民ぞ、みことぞ。
世の元と申すものは天も地も泥の海でありたのざぞ。その時からこの世初まってから生き通しの神神様の御働きで五六七(みろく)の世が来るのざぞ。
腹が出来て居ると、腹に神づまりますのざぞ、高天原ぞ、神漏岐、神漏美の命(みこと)忘れるでないぞ。そこから分かりて来るぞ。
海をみな船で埋めねばならんぞ、海断たれて苦しまん様にして呉れよ、海めぐらしてある神の国、きよめにきよめておいた神の国に、幽国の悪わたりて来て神は残念ぞ。みておざれ、神の力表はす時来たぞ。
      九月十八日、ひつ九〇(ゝ)。

 

ひふみ神示 天つ巻 第二十三帖~第三十帖

 ひふみ神示より  

   天つ巻 

  第二十三帖

 我がなくてはならん、我があってはならず、よくこの神示(ふで)読めと申すのぞ。悪はあるが無いのざぞ、善はあるのざが無いのざぞ、この道理分かりたらそれが善人だぞ。千人力の人が善人であるぞ、お人よしではならんぞ、それは善人ではないのざぞ、神の臣民ではないのざぞ。、雨の神どの風の神どのに特に御礼申せよ。
 
            八月の九日、一二〇(中にゝ)。

   第二十四帖

 今の臣民めくら聾ばかりと申してあるが、その通りではないか、この世はおろか自分の身体のことさへ分かりて居らんのざぞ、それでこの世をもちて行く積りか、分からんと申しても余りでないか。神の申すこと違ったではないかと申す臣民も今に出て来るぞ、神は大難を小難にまつりかへてゐるのに分からんか、えらいむごいこと出来るのを小難にしてあること分からんか、ひどいこと出て来ること待ちてゐるのは邪のみたまぞ、そんなことでは神の臣民とは申されんぞ。臣民は、神に、わるい事は小さくして呉れと毎日お願ひするのが務めぞ、臣民近欲(ちかよく)なからわからんのぞ、慾もなくてはならんのざぞ、取違ひと鼻高とが一番恐いのぞ。神は生まれ赤子のこころを喜ぶぞ、みがけば赤子となるのぞ、いよいよが来たぞ。

              九月十日、ひつ九のかみ。

 

  第二十五帖

 今に臣民何も言へなくなるのざぞ、神烈しくなるのざぞ、目あけて居れんことになるのざぞ。四ン這ひになりて這い廻らなならんことになるのざぞ、のたうち廻らなならんのざぞ、土にもぐらなならんのざぞ、水くぐらなならんのざぞ。臣民可哀さうなれど、かうせねば鍛へられんのざぞ、この世始まってから二度とない苦労ざが、我慢してやり通して呉れよ。

               九月十日、ひつくのか三。

 

  第二十六帖

 天の日津久の神と申しても一柱ではないのざぞ、臣民のお役所のやうなものと心得よ、一柱でもあるのざぞ。この方はオホカムツミノ神とも現はれるのざぞ、時により所によりてはオホカムツミノ神として祀りて呉れよ。青人草の苦瀬(うきせ)なほしてやるぞ。天明は神示(ふで)書かす御役であるぞ。
               九月十日、ひつ九〇(中にゝ)


   第二十七帖
 石物いふ時来るぞ、草物いふ時来るぞ。北おがめよ、北光るぞ、北よくなるぞ、夕方よくなるぞ、暑さ寒さ、やはらかくなるぞ、五六七(みろく)の世となるぞ。慌てずに急いで呉れよ。神神様みなの産土様総活動でござるぞ、神神様まつりて呉れよ、人人様まつりて呉れよ、御礼申して呉れよ。
                九月十二日、十二か三。

 

  第二十八帖

 おそし早しはあるなれど、一度申してこと必ず出て来るのざぞ。臣民は近欲で疑ひ深いから、何もわからんから疑う者もあるなれど、この神示一分一厘ちがはんのざぞ。世界ならすのざぞ、神の世にするのざぞ、善一すじにするのざぞ、誰れ彼れの分けへだてないのざぞ。土から草木生れるぞ、草木から動物、虫けら生まれるぞ。上下ひっくり返るのざぞ。
              九月の十三日、ひつ九のか三。

 

  第二十九帖

 この方オホカムツミノ神として書きしらすぞ。
病あるかなきかは手廻して見れば直ぐわかるぞ、自分の身体中どこでも手届くのざぞ、手届かぬところありたら病のところ直ぐわかるであろうが。
臣民の肉体の病ばかりでないぞ、心の病も同様ぞ、心と身体と一つであるからよく心得て置けよ、国の病も同様ぞ、頭は届いても手届かぬと病になるぞ、手はどこへでも届くやうになりてゐると申してあろうが、今の国々のみ姿見よ。み手届いて居るまいがな、手なし足なしぞ。 手は手の思う様に、足は足ぞ、これでは病なおらんぞ、臣民と病は、足、地に着いておらぬからぞ。 足地に着けよ、草木はもとより、犬猫もみなお土に足つけて居ろうがな。三尺上は神界ぞ、お土に足入れよ、青人草と申してあろうがな、草の心に生きねばならぬのざぞ。
尻に帆かけて飛ぶようでは神の御用つとまらんぞ、お土踏まして頂けよ、足を綺麗に掃除しておけよ、足汚れてゐると病になるぞ、足からお土の息が入るのざぞ、臍の緒の様なものざぞよ、一人前になりたら臍の緒切り、社に座りて居りて三尺上で神につかへてよいのざぞ、臍の緒切れぬうちは、いつもお土の上を踏まして頂けよ、それほど大切なお土の上堅めているが、今にみな除きて了ふぞ、一度はいやでも応でも跣足(はだし)でお土踏まなならんことになるのぞ、神の深い仕組ざからあり難い仕組ざから喜んでお土拝めよ、土にまつろへと申してあろうがな、何事も一時に出て来るぞ、お土ほど結構なものないぞ、足の裏殊に綺麗にせなならんぞ。神の申すやう素直に致されよ、この方病直してやるぞ、この神示よめば病直る様になってゐるのざぞ、読んで神の申す通りに致して下されよ、臣民も動物も草木も病なくなれば、世界一度に光るのぞ、岩戸開けるのぞ。
戦も病の一つであるぞ、国の足うら掃除すれば国の病直るのぞ、国、逆立ちしてると申してあること忘れずに掃除して呉れよ。
上の守護神どの、下の守護神どの、中に守護神どの、みなの守護神どの改心して呉れよ。いよいよとなりては苦しくて間に合わんことになるから、くどう気つけておくのざぞ。病ほど苦しいものないであらうがな、それぞれの御役忘れるでないぞ。天地唸るぞ、でんぐり返るのざぞ、世界一どにゆするのざぞ。神はおどすのではないぞ、迫りて居るぞ。
             九月十三日、一二〇(中にゝ)。

 

   第三十帖

 富士とは火の仕組ぞ、渦うみとは水の仕組ぞ、今に分かりて来るのぞ。神の国には、政治も経済も軍事もないのざぞ、まつりがあるだけぞ。まつらふことによって何もかもうれしうれしになるのざぞ。これは政治ぞ、これは経済ぞと申してゐるから「鰻つかみ」になるのぞ、分ければ分けるほど分からなくなって手におへんことになるぞ。手足は沢山は要らぬのざぞ。火垂(ひだり)の臣(おみ)と水極(みぎり)の臣とあればよいのざぞ。
ヤとワと申してあろうがな、その下に七七ゝゝゝゝと申してあろうがな。今の臣民自分で自分の首くくるやうにしてゐるのぞ、手は頭の一部ぞ、手の頭ぞ。頭、手の一部ではないぞ、この道理よく心得ておけよ。神示は印刷することならんぞ、この神示説いて臣民の文字で臣民に読める様にしたものは一二三(ひふみ)と申せよ。
一二三は印刷してようのざぞ。印刷結構ぞ。この神示のまま臣民に見せてはならんぞ、役員よくこの神示見て、その時によりその国によりてそれぞれに説いて聞かせよ。日本ばかりでないぞ、国々ところところに仕組して神柱つくりてあるから、今にびっくりすること出来るのざぞ、世界の臣民にみな喜ばれるとき来るのざぞ。五六七(みろく)の世近づいて来たぞ。富士は晴れたり日本晴れ、富士は晴れたり日本晴れ。善一すぢとは神一すぢのことぞ、この巻を「天つ巻」と申す、しっかり写して呉れよ、すっかり伝へて呉れよ。
            九月十四日、ひつ九のか三。(天つ巻了)


  

ひふみ神示 天つ巻 第十九~二十二帖

ひふみ神示より

  第十九帖
 
神の力が何んなにあるか、今度は一度は世界の臣民に見せてやられば納まらんのざぞ、世界ゆすぶりて知らせねばならん様になるなれど、少しでも弱くゆすりて済む様にしたいから、くどう気つけてゐるのざぞ、ここまで世が迫りて来てゐるのぞ、まだ目醒めぬか、神は何うなっても知らんぞ、早く気つかぬと気の毒出来るぞ、その時になりては間に合はんぞ。
     八月七日、一二〇(ゝ)。

 
   第二十帖

 神の世と申すのは、今の臣民の思ふてゐるやうな世ではないぞ、金(きん)は要らぬのざぞ、お土からあがりたものが光りて来るのざぞ、衣類たべ物、家倉まで変わるのざぞ。草木も喜ぶ政治と申してあらうがな、誰でもそれそれに先の分かる様になるのぞ。お日様もお月様も海も山も野も光り輝いて水晶の様になるのぞ。
悪はどこにもかくれること出来ん様になるのぞ、ばくち、しょうぎは無くす致すぞ。雨も要るだけ降らしてやるぞ、風もよきやうに吹かしてやるぞ、神をたたえる声が天地にみちみちてうれしうれしの世となるのざぞ。
     八月の七日、ひつ九のか三ふで。


   第二十一帖

 みろく出づるには、はじめ半ばは焼くぞ、人、二分は死、みな人、神の宮となる。
西は戦争(いくさ)しつくし、神世とひらき、国毎に一二三(ひふみ)、三四五(みよいづ)、たりて百千万(ももちよろず)、神急ぐぞよ。
          八月七日、ひつくのかみふみぞ。


    第二十二帖

  十柱の世の元からの活神様御活動になりてゐること分かりたであろうがな、けものの入れものには分かるまいなれど、神の臣民にはよく分かりてゐる筈ぞ。まだだんだんに烈しくなりて外国の臣民にも分かる様になれて来るのざぞ。その時になりて分かりたのではおそいおそい、早う洗濯いたして呉れよ。

    八月の九日、ひつ九のか三。

天つ巻 第十六帖~十八帖

  ひふみ神示より

       第十六帖

 今度の戦済みたらてんし様が世界中知ろしめて、外国には王はなくなるのざぞ。
一旦戦おさまりても、あとのゴタゴタなかなか静まらんぞ、神の臣民ふんどし締めて神の申すことよく腹に入れて置いて呉れよ、ゴタゴタ起こりたとき、何うしたらよいかと云うふことも、この神示(ふで)よく読んで置けば分かるやうにしてあるのざぞ。神は天からと宙からと地からと力合わして、神の臣民に手柄立てさす様にしてあるのざが、今では手柄立てさす、神の御用に使う臣民一分(いちぶ)もないのざぞ。神の国が勝つばかりではないぞ、世界中の人も草も動物も助けてみな喜ぶやうにせなならんのざから、臣民では見当取れん永遠(とことは)につづく神世に致すのざから、素直に神の申すこときくが一番ざぞ。人間の知恵でやるなら、やって見よれ、あちらへ外れ、こちらに外れ、ぬらりくらりと鰻つかみぞ、思ふやうにはなるまいがな、神の国が本の国ざから、神の国からあらためるのざから、一番つらいことになるのざぞ、覚悟はよいか、腹さへ切れぬやうなフナフナ腰で大番頭とは何と云ふことぞ、てんし様は申すもかしかし、人民さま、犬猫にも済むまいぞ。人の力ばかりで戦してゐるのでないこと位分かった居らうがな、目に見せてあらうがな、これでも分からんか。

       八月七日、一二〇(ゝ)。


   第十七帖

 昔から生き通しの活神様のすることぞ、泥の海にする位朝飯前のことざが、それでは臣民が可哀そうなから天の大神様にこの方がお詫びして一日(ひとひ)一日と延ばしてゐるのざぞ、その苦労も分からずに臣民勝手なことばかりしてゐると、神の堪忍袋切れたら何んなことあるか分からんぞ、米があると申して油断するでないぞ、一旦は天地へ引き上げぞ。

      八月七日、一二〇(ゝ)。


   第十八帖

 何時も気つけてあることざが、神が人を使うているのざぞ、今度の戦で外国人にもよく分って、神様にはかなはん、何うか言ふこときくから、夜も昼もなく神に仕えるからゆるして呉れと申す様になるのざぞ、それには神の臣民の身魂掃除せなならんのざぞ、くどう様なれど一時も早く一人でも多く改心して下されよ、神は急ぐのざぞ。
     八月七日一二〇(ゝ)

天つ巻 第十三帖~十五帖

ひふみ神示より

  第十三帖

 空に変わりたこと現はれたなれば地に変わりたことがあると心得よ、いよいよとなりて来てゐるのざぞ。
神は元の神々様に延ばせるだけ延ばして頂き、一人でも臣民助けたいのでお願ひしてゐるのざが、もうおことはり申す術なくなりたぞ。玉串神に供へるのは衣供へることぞ、衣とは神の衣のことぞ、神の衣とは人の肉体のことぞ。臣民をささげることぞ、自分をささげることぞ、この道理分かりたか。人に仕へる時も同じことぞ、人を神として仕えへねばならんぞ、神として仕えると神となるのざから、もてないしの物出すときは、祓い清めて神に仕えると同様にして呉れよ、喰べものいまの半分で足りると申してあるが、神に捧げたものか祓い清めて神に捧げると同様にすれば半分で足りるのぞ、てんのゐへん気つけて呉れよ。神くどう気つけて置くぞ。神世近づいたぞ。

    九月六日、一二のか三。


   第十四帖

 海一つ越えて寒い国に、まことの宝隠してあるのざぞ、これからいよいよとなりたら、神が許してまことの臣民に手柄いたさすぞ、外国人がいくら逆立ちしても神が隠してゐるのざから手は着けられんぞ。
世の元からのことであれど、いよいよが近くなりたら、この方の力で出して見せるぞ、びっくり箱が開けて来るぞ。

   八月の七日、ひつくのか三。


   第十五帖

 神の国には神の国のやり方あるぞ、支那には支那、オロシヤにはオロシヤ、それぞれにやり方がちがふのざぞ、教もそれぞれにちがってゐるのざぞ、元は一つであるなれど、神の教が一等よいと申しても、そのままでは外国には通らんぞ、このことよく心にたたんでおいて、上に立つ役員どの気つけて呉れよ、猫に小判何にもならんぞ、神の一度申したことは一分もちがはんぞ。

   八月七日、一二〇(ゝ)。