ひふみ神示 地つ巻 第十一帖~第十四帖

ひふみ神示より 地つ巻 第十一帖 世界丸めて一つの国にするぞと申してあるが、国はそれぞれの色の違う臣民によりて一つ一つの国作らすぞ。その心々によりて、それぞれの教作らすのぞ。 旧きものまかりて、また新しくなるのぞ、その心々の国と申すは、心々の…

地つ巻 第八帖~十帖

ひふみ神示より 地つ巻 第八帖 祓ひせよと申してあることは何もかも借銭なしにする事ぞ。借銭なしとは めぐりなくすることぞ、昔からの借銭は誰にもあるのざぞ、それはらってしまふまでは誰によらず苦しむのぞ、人ばかりでないぞ、家ばかりでないぞ、国には…

ひふみ神示 地つ巻 第一帖~第七帖

ひふみ神示より 地(九二)つ巻 第一帖 地(くに)つ巻書き知らすぞ、世界は一つの実言(みこと)となるのぞ、それぞれの言の葉あれど、実言(みこと)は一つとなるのであるぞ。てん詞様の実言に従ふのざぞ、命(みこと)の世近づいて来たぞ。 九月十五日、…

ひふみ神示 天つ巻 第二十三帖~第三十帖

ひふみ神示より 天つ巻 第二十三帖 我がなくてはならん、我があってはならず、よくこの神示(ふで)読めと申すのぞ。悪はあるが無いのざぞ、善はあるのざが無いのざぞ、この道理分かりたらそれが善人だぞ。千人力の人が善人であるぞ、お人よしではならんぞ、…

ひふみ神示 天つ巻 第十九~二十二帖

ひふみ神示より 第十九帖 神の力が何んなにあるか、今度は一度は世界の臣民に見せてやられば納まらんのざぞ、世界ゆすぶりて知らせねばならん様になるなれど、少しでも弱くゆすりて済む様にしたいから、くどう気つけてゐるのざぞ、ここまで世が迫りて来てゐ…

天つ巻 第十六帖~十八帖

ひふみ神示より 第十六帖 今度の戦済みたらてんし様が世界中知ろしめて、外国には王はなくなるのざぞ。一旦戦おさまりても、あとのゴタゴタなかなか静まらんぞ、神の臣民ふんどし締めて神の申すことよく腹に入れて置いて呉れよ、ゴタゴタ起こりたとき、何う…

天つ巻 第十三帖~十五帖

ひふみ神示より 第十三帖 空に変わりたこと現はれたなれば地に変わりたことがあると心得よ、いよいよとなりて来てゐるのざぞ。神は元の神々様に延ばせるだけ延ばして頂き、一人でも臣民助けたいのでお願ひしてゐるのざが、もうおことはり申す術なくなりたぞ…

天つ巻 第六帖~十二帖

天つ巻 第六帖 ひふみ神示より 第六帖 天(あめ)は天の神、国は国の神が治(し)らすのであるぞ、お手伝いはあるなれど。秋の空のすがすがしさが、グレンと変えるぞ、地獄に住むもの地獄がよいぞ、天国ざぞ、逆様はもう長うはつづかんぞ、無理通らぬ時世が…

ひとりごと (興味深い動画も)

ずっといくつかのことを書こうと思いつつ、なかなかしっくりくる表現が浮かばなかったので躊躇していましたら、興味深い動画の後半にしっくりくることがありました。 書こうとしていたものの一つは… 私は、色々なかたちで情報が入ってきても、そうかも知れな…

ひふみ神示 天つ巻 第五帖

ひふみ神示より 【ひふみ神示 天つ巻 第五帖 牛の喰ベ物たべると牛の様になるぞ、猿は猿、虎は虎となるのざぞ。 臣民の喰べ物は定まってゐるのざぞ、いよいよとなりて何でも喰べにばならぬやうになりたら虎は虎となるぞ、獣と神とが分かれると申してあろがな…

ひふみ神示 天つ巻 第四帖

ひふみ神示より 【ひふみ神示 天つ巻 第四帖 この方は元の肉体のままに生き通しであるから、天明にも見せなんだのざぞ、あちこちに臣民の肉体かりて予言する神が沢山出てゐるなれど、九分九厘は分かりて居れども、とどめの最後はわからんから、この方に従ひ…

ひふみ

以前、ひふみ祝詞の唱え方(区切り方)を3 5 7音で区切ると紹介しましたが、 「ひふみよいむなやこともちろら、ねしきるゆいつわぬそを、たはくめかうおえにさりへてのますあせゑほけれ」 もありました。これは、熊本県・日の宮幣立神宮の御神体「日文石…

ひふみ神示第四巻 天つ巻 第一帖~第三帖

ひふみ神示より 【天の巻 第一帖 二二は晴れたり日本晴れ、二二に御社してこの世治めるぞ。 五大州ひっくり返りてゐるのが神には気に入らんぞ。一の大神様まつれ、二の大神様まつれよ、三の大神様まつれよ、天の五三体の大神様、地の御三体の大神様まつれよ…

ひふみ神示 富士=普字の巻 第二十六帖

ひふみ神示より 【富士=普字の巻 第二十六帖 戦は一度おさまる様に見えるが、その時が一番気つけねばならぬ時ぞ、向ふの悪神は今度は〇(の中にゝ)元の神を根こそぎに無きものにして仕まふ計画であるから、その積りでフンドシ締めて呉れよ、誰も知れんやう…

ひふみ神示 富士=普字の巻 第二十五帖

ひふみ神示より 【第二十五帖 世界の臣民はみなこの方の臣民であるから、殊に可愛い子には旅させねばならぬから、どんなことあっても神の子ざから、神疑はぬようになされよ、神疑ふと気の毒出来るぞ。 いよいよとなりたら、どこの国に臣民といふことないぞ、…

ひふみ神示 富士=普字の巻 第二十四帖

ひふみ神示より 【第二十四帖 富士(ココ)を目指して攻め寄する、大船小船あめの船、赤鬼青鬼黒鬼や、おろち悪狐を先陣に、寄せ来る敵は空蔽ひ、海を埋めて忽ちに、天日暗くなりにけり、折しもあれや日の国に、一つの光現はれぬ、これこそ救ひの大神と、救…

ひふみ神示 富士=普字の巻 第二十一帖~第二十三帖

ひふみ神示より 【 第二十一帖 神の申すこと何でも素直にきくやうになれば、神は何でも知らしてやるのぞ。 配給のことでも統制のことも、わけなく出来るのぞ。臣民みな喜ぶやうに出来るのぞ、何もかも神に供へてからと申してあろがな、山にも川にも野(ぬ)…

ひふみ神示 富士=普字の巻 第二十帖

声に出して読むようにとのことです。 ひふみ神示より 【二十帖 今のうちに草木の根や葉を日に干して貯えておけよ、保持(うけもち)の神様お怒りざから、九十四は五分位しか食べ物とれんから、その積りで用意しておいて呉れよ。 神は気もない時から知らして…

ひふみ神示 富士=普字の巻 第十九帖

ひふみ神示より 【第十九帖 神世のひみつと知らしてあるが、いよいよとなりたら地震かみなりばかりでないぞ、臣民アフンとして、これは何とした事ぞ、と口あいたまま何うすることも出来んことになるのぞ、四つん這ひになりて着る物もなく、獣となりて、這ひ…

ひふみ神示 富士=普字の巻 第十七、十八帖

ひふみ神示より 【富士=普 字の巻 第十七帖 九十が大切ぞと知らしてあろがな、戦ばかりでないぞ、何もかも臣民では見当とれんことになりて来るから、上の臣民九十に気つけて呉れよ、お上に神祀りて呉れよ、神にまつらうて呉れよ、神くどう申して置くぞ、早…

ひふみ神示 富士=普字の巻 第十六帖

ひふみ神示より 【 第十六帖 あらしの中の捨て小舟ぞ、どこへ行くやら行かすやら、船頭さんにも分かるまい、メリカ、キリスは花道で、味方と思うた国々も、一つになりて攻めて来る、梶も櫂さへ折れた舟、何うすることもなくなくに、苦しい時の神頼み、それで…

ひふみ神示 富士=普字の巻 第十五帖

ひふみ神示より 【富士=普字の巻 第十五帖 一二三は神食、三四五は人食、五六七は動物食、七八九は草食ぞ、九十は元に、一二三の次の食、神国弥栄ぞよ。人、三四五食に病ないぞ。 八月二十四日、(〇の中にゝ)一二(〇の中にゝ)ふみ。】 また食ですね。 …

ひふみ神示 富士=普字の巻 第十四帖

ひふみ神示より 【富士=普字の巻 第十四帖 臣民にわかる様にいふなれば、身も心も神のものざから、毎日毎日神から頂いたものと思えばよいのであるがぞ、それでその身体をどんなにしたらよいかと云うことわかるであろうが、夜になれば眠ったときは神にお返し…

ひふみ神示 富士=普字の巻 第十三帖

ひふみ神示より 【ひふみ神示 富士=普字の巻 第十三帖 何もかもてんし様のものではないか、それなのにこれは自分の家ぞ、これは自分の土地ぞと申して自分勝手にしているのが神の気に入らんぞ、一度は天地に引き上げと知らしてありたこと忘れてはならんぞ、…

ひふみ神示 について思うこと。。。

お久しぶりです。だいぶ忙しかったのと…、日月神示、ひふみ神示は嘘と言っておられるのをたまたま見て、どうなのかなと、ついでに色々見せていただいて、まぁ、全体的にひふみ神示とそんなにかけ離れたこと言われていない所も多々ありましたし、他の事では「…

ひふみ神示 富士=普字の巻 第十~十二帖

【ひふみ神示 富士の巻 第十帖】より いよいよ戦烈しくなりて喰ふものもなく何もなくなり、住むこともなくなりたら行くところなくなるぞ。 神の国から除かれた臣民と神の臣民と何ちらがえらいか、その時になりたらハッキリするぞ、その時になりて何うしたよ…

ゲルマニウム⑤

約50年前、昭和50年9月1日が初版の「ゲルマニウムと私」 【第三章 ガンとゲルマニウム ガン治療への三つの条件】 【第四章 難病とゲルマニウム】から興味深いことをあげてみますね。 ・「病気をいかにして治すか」は、 第一に、自分が必ず治すという強い信念…

ゲルマニウム④

「ゲルマニウムと私」 第三章 ガンとゲルマニウム をまとめてみますね ・ゲルマニウムは、半導体と呼ばれているとおり、この原子の電子は他の多くの原子にない独特の電子物性を持っている。 ・ゲルマニウム原子は32個の電子を持っているが、一番外側にある4…

ゲルマニウム③

「ゲルマニウムと私」第2章 より 【酸素の代替を果たす医学の夢】 有機ゲルマニウム化合物は、なぜ体内の酸素を豊富にするにか? 我々が生きてゆくために、 植物は体内で燃焼してエネルギーを与え、 酸素は炭酸ガスと水素になり、 炭酸ガスは呼気になって肺…

ゲルマニウム②

1975年に出版された「ゲルマニウムと私」 第二章 私のゲルマニウム をかいつまんでみますね。 ・ゲルマニウムという元素は原子番号32 ・約百年前に周期律の提唱者メンデレーエフは、32番目のところを空白にして、将来見つかるべき元素として「エカケイ素」と…